相続の効力について

人の死亡を契機として、死亡した人の財産の承継がはじまります。その際の財産の承継割合について考えてみます。そして、相続の効力についての例を以下に挙げて、事例別に解説して行くことにしますので承継の割合について理解してみましょう。

被相続人には、実子と養子がいますが、実子と養子では、財産の承継する割合は異なるかを見てみます。実子が嫡出子であるなら実子と養子の財産の承継割合は、同じになります。もしも、実子が非嫡出子であるなら、その者の子の財産相続の割合は、養子の1/2となります。

被相続人の相続人が、配偶者(乙)並びに父母を同じとする兄弟である(A)及び母のみを同じくする兄弟である(B、C)場合、配偶者(乙)、A、B、Cの財産を承継する割合は、どの様になるでしょうか。
この場合の財産の承継する割合は、配偶者(乙)が3/4、Aは2/16、B及びCは、1/16の割合で財産を承継します。配偶者と兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の財産の承継割合は3/4、兄弟姉妹の財産の承継割合は、1/4となります。父母を一方を同じくする兄弟姉妹の財産の承継割合は、父母を同じくする兄弟姉妹の財産の承継割合の1/2となります。したがって、、配偶者(乙)が3/4、Aは2/16、B及びCは、1/16の割合で財産を承継します。