借金などの相続問題について慎重に相続するか決める

長い人生、誰もが経験するであろう相続。
財産を相続できるのはいいことですが、いいことだけではないようです。
亡くなった親に借金があったとしたらどうしましょうか。
実は借金も相続対象なのです。
借金なんて負の遺産は欲しいはずがありません。
借金を相続したなら、相続人は借金を返済することになってしまいます。
相続人が作った借金ではないのに、尻ぬぐいをするのは納得いかないし、
悔しくてしかたありません。
放っておくと家や給料を差し押さえられることもありえます。
まさかこんな相続問題に直面することになるとは
相続人は考えていなかったことでしょう。
借金よりも財産のほうが多ければ財産から借金を返済していくことが
可能かと思いますが、借金だけ、または借金のほうが多いなら相続したくありません。
借金を相続したくないのなら、相続放棄です。
これで借金に悩むことがないのですが、
財産も相続できないことになります。
借金がある場合、相続したほうがいいのかよくないのか
慎重に考えて決めるべきですね。