相続問題について大切なこと

知り合いの方で相続問題で、遺留分をおかして相続は可能なのか気にしている方がいて、その場合はどのような影響があるのか気になるようなので、調べてみたのですが、相続の問題で、遺留分をおかして相続は納得していれば可能のようで、どのようなわけ方でもできるようです。
遺言で誰にすべてを相続させると書いてあり相続人が納得しなければ遺留分減殺請求すれば法定相続分の二分の一取り戻すことができるようで、一年以内に請求すれば、遺言書どおりになります。
民法で被相続人は法定相続分の規定にかかわらず、遺言で、共同相続人の相続分を定めて、これを定めることを第三者に委託することができます。
ただし、被相続人または、第三者は遺留分に関する規定に違反することができません。
相続人同士で話し合い協議する必要がありますが、ただ、こういう場合は、争族よいって必ずといってもめますので、話し合いは慎重に進める必要があり、被相続人や第三者は、遺留分に関する規定に違反することはできません。