相続するのは財産だけでなく・・・相続問題

相続問題といえば、思いつくのは遺産相続です。
親や親戚がなくなったとき、身内のものが財産をうけつぐ。
これだけ言えば単純だけど、現実はそんな簡単なものでは無いらしい。
昔は親の面倒を見る長男が家と財産を受け継ぐことがほとんどでしたが、最近では長男でも結婚をして自分で家を買い、親と離れて暮らしたりするもので、両親としては他の子供達と長男の差があまりなくなってきたようです。
それで自分達が死んだとき財産は平等に分けろ、と言うようになり、両親が死んだ後、平等に、と言われてもお金の財産だけでなく、土地建物もある場合が多く、それぞれ値打ちが低いものを与えられたら不満に思いもめることも少なくないようです。
また、相続とは与えられる財産に限らず、借金も相続の対象になるそうです。
それも子供にだけ受け継ぐのではなく、親戚まで行き着くのです。
けど、その場合は財産放棄と言う方法があります。
放棄することで払わされる借金がなくなるのです。
それさえ知っておけば安心ですが、財産放棄するということは借金だけでなく、親、親戚から譲り受ける財産も放棄するということですから、借金が財産を上回るかを調べてからの方がいいと思います。