税理士に関する評判というと

納税の義務というのは日本国憲法に定められているものであり、納税なくしては資本主義体制下での国民国家は成り立っていかないという、厳然たる事実があります。
税務制度に関する専門家であり、税務に関する国家資格保持者である税理士は、納税義務の適正な実現を目指して、相談業務などを行なう業種です。
日本では、正規職員になると源泉徴収によって確定申告を免除されるという状況が一般的ですので、確定申告の時に税理士や会計士に申告書作成の手助けをしてもらうということはあまりなかったといえます。
とはいえ、好況ではない経済状況が続いたせいで、給与収入以外の副業を行なう社会人が増えたので、確定申告が必要な人は多くなってきているそうです。
これから需要が伸びそうな税理士に関して、インターネット上ではどのような評判であるのか調べてみたところ、申告書の不明部分を明確に教えてくれて、無事に申告を済ませることができたので感謝している、と言ったような、良い評判が多く見つけられました。
資本主義国家に住む以上は、納税は国民の義務ですから、税理士にとってはこれから需要が高まる可能性があり、納税義務の適正な実現がよりしっかりと行なわれるように期待しています。