ネット印刷会社の普及で便利になったラベルシールの発注

オリジナルのラベルシールを作成することは、元来印刷会社に出向いてデザイナーさんと打ち合わせを重ね、大量のラベルシールを発注するやり方が一般的でした。そのため個人や自営業など、小規模での販売は敷居が高かった時期もあります。しかし現在では、インターネットで小ロット対応を行う印刷会社やフリーのフォントやイラスト素材によって個人でもラベルシール制作が簡単に行えるようになっています。発注も、ホームページから誰でも行えるようになりました。

困ったときはサンプルサイトから

イラスト用ソフトを前に四苦八苦するのも大変ですので、慣れないうちはイラストサンプルのサイトを覗いてみましょう。様々なテンプレートが用意されており、その中にはラベルシール用のテンプレートも色々用意してあります。商品の種類やラベルシールのイメージをもとに検索すれば、自身の希望に見合ったデザインを見つけられます。
また、印刷会社のホームページにもラベルシールのサンプルが用意されており、テンプレートをもとにラベルシールを作ることもできます。予め出来上がったデータを使用して少し手直しするだけでオリジナルシールが作成できる会社もあります。その場合、サンプルをダウンロードして別の印刷会社に印刷を依頼すると著作権侵害となる場合がありますので注意しましょう。

イラストデータを作るときに注意すること

イラスト用ソフトでラベルシールのデザインを決めたら印刷会社に発注をかけ、イラストデータを送るわけですが、このイラストデータには様々な決まり事がありますのでデータ作成の際には気をつけましょう。
まずイラスト用ソフトは様々な種類があってそれぞれ保存形式が違います。当然印刷会社が所持していないソフトの形式ですと読み込むことはできませんから印刷会社がどのソフトのデータを受け付けているかを確認します。大抵は某大手のイラスト作成ソフトの形式です。
そしてイラスト用ソフトはレイヤーと言う層で図柄を管理していますので1層目にラベルシールのイラスト、2層目にカットライン、裁断するときの境目を入れてください。また、画面で表示するための色指定も形式と実際に印刷するときの色指定の形式は異なっています。予め色指定の形式を印刷に使用するCMYK形式に、設定しておいてください。
デザインを描くときには必ず原寸大で描き、印刷がずれたときのために余白と塗り足しの寸法を規定通りとることが大切です。

ピックアップ記事

業務用ラベルシールの大量印刷について

業務用ラベルシールをそれほど必要としていないのであれば、100円ショップで売られている印刷用紙と表計算ソフトでも制作は可能です。しかし、日々の業務で消費する成分表示などのラベルシールでしたらコストの関...

ラベルシールの品質について

ラベルシールに使用される紙は概ねタック紙と呼ばれる種類のもので、表面のデザインが施された表面基材と貼り付けるための粘着剤、シールの台紙で使用したあとに廃棄される剥離紙の3層に分かれています。このうち、...

ラベルシールに適切なサイズ

商品のラベルシールのサイズには、主な制限はありません。不自然に大きかったり小さかったりしなければあとは印刷業者の規定に沿ってラベルシールを作成すると良いでしょう。印刷会社のホームページ内にあるよくある...

どのようなラベルシールを作るか

商品に貼られるラベルシールで見せたいものとしては商品名、内容物表示、商業ベースで販売しているのでしたらバーコードがあります。特に商品の顔とも言える商品名のラベルシールは、納得できるものを貼るのが理想で...